サッカーワールドカップについて

2014年の8月に行われたワールドカップでは日本代表は無残な敗北に終わり。
決勝トーナメント進出はならず、予選リーグで敗退してしまいました。
ピナクルスポーツで結構賭けたのでショックがでかいです。

当初は「優勝」だの「ベスト8」だの言っていたにも関わらず、
情けない限りですが、これは仕方ない面もあります。
ピナクルスポーツ
一つはマスメディアや社会の期待過剰です。
2014年の日本代表はワールドカップ進出したチームの内FIFAランキングはほぼ最下位でした。
これでは順当に行って優勝やベスト8はおろか、決勝リーグ進出もまず無理であると言って良いと思います。
ピナクルスポーツではもう賭けれませんね

それから「自分たちのサッカー」に代表されるような精神論に傾きすぎていたというのもあるでしょう。
サッカーは精神論で勝てるほど甘くはありません。技能や数値の積み重ね、さらに運等も加わって、
その結果幸運にも「自分たちのサッカー」をする機会に恵まれるのです。

これを教訓としてサッカー関係者の方にはぜひ4年間頑張っていただき、次のワールドカップでは結果を残してもらいたいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ