ブックメーカーとは?

はじめにブックメーカーっていうのは、
スポーツだけじゃなく常日頃のことの政治や
天気予報などまでを賭け事のターゲットのひとつとしてつかさどる
会社のことを大きくブックメーカーといいます。

ほかの言い方では胴元ともいいますね。

つまりはブックメーカーという単独な

会社は存在しないということです。

スポーツに一発勝負するというような習慣そのものは
遠い昔からイギリスなどの欧米の国でお偉いさんや貴族の中において
貴族だけのたのしいお遊びとして楽しまれてきました。

なのですが
ブックメーカーの雛形は1975年、英国のロンドン北東部の競馬場で
ハリー・オグデンという人間が競馬で賭けをしたのがルーツであるとされているのです。

スタート時は競馬の働いてきた歴史とは相違するということで、認可しているものではなかったのです。
最初は禁止する法律も作られたのですが、だけども非合法のブックメーカーがどんどんでてくるため、
政府も管轄に悩んでいましたすると政府も違う観点からやてみようとついに条件をつけて合法化したのです

こうして条件を突破し政府から許可をもらった正当な順調な経営の企業が
公明正大にブックメーカーを統括することができるようになったのです
今日この頃は、多くの場合あらゆる国のスポーツがターゲットであると言えます。

  • バレーボール
  • テニス
  • クリケット
  • ホッケー
  • 野球
  • オリンピック
  • アメフト
  • サッカー
  • バスケット
  • ワールドカップ
  • 各種国際的な大会
  • ダーツ

などなど、あげれば切りがありませんが
マニアックなものでもギャンブルの対象にすることができます

ますますユニークなのが、
政治活動や芸能界に関すること、果てはクリスマスがホワイトクリスマスになるか?など、
みなさんの好奇心がありそうな毎日のものごとに至るまでギャンブルにすることができるのです。

ブックメーカーを開始してすぐの頃は、あまりの対象の多さにおどろくでしょう。
国内のプロスポーツにもベットすることができますし、試合が放送されますので観賞するのもとても楽しいです

ブックメーカーでスポーツにかけて心ゆくまで味わうという形式は、
英国を代表とする欧州諸国では、もう普通のカルチャーとして確定されたのです。
一般街道や競技場ではごく普通にブックメーカーの店乱立していて、訪問者で盛り上がっています。

そして現在では
インターネットが普及した
ことによってブックメーカーも
インターネットにも対応してきたのです。

当サイトで紹介しているピナクルスポーツも
インターネットが普及したことによって有名に
なったものですね。

それにこうして私たち日本人が
通常でしたらすることができなかったで
あろうブックメーカーができるようになったのですから
嬉しい限りですね

TOP>>ピナクルスポーツ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ